子どもが出現したケース、夫婦二人しかない生活に大きなチェンジがでてきます。

大身内で暮らすケースも子ども中心の生活になってくるため、子どもの存在が身内の絆をつなぐ役目になるかも知れませんね。

そうなるまでには「助走期間」が必要なことも知っておきましょう、。

子どもが産まれたら、生活スタイル全般を見直す必要があるかも知れません

その一つに「寝室」の問題があります。

子どもが産まれたら、夫婦の寝室をいっしょにするか、別々にするかも決めることになります。

当然、住宅事情にもよりますので、お互いが納得出来るようにきちんと話し合いましょう。

途中で変更する等、臨機応変な対応も必要になってきます、。

夫婦の寝室を別々にするケース、夜中の授乳時に旦那さんを起こさないで済むメリットがあります

物音で目が覚めることもあるかも知れませんが、寝室が一緒のケースと比べると影響がわずかのではないでしょうか。

寝室を別々にすることによって、旦那さんの高いびきに腹を立てなくて済むこともメリットかも知れません、。

夫婦の寝室をいっしょにするケース、どんな形で寝るかもポイントになってきますね。

ベッドか布団かによっても変化してきます。

布団を追加したり、ベッドを買い足したりする方式もありますが、部屋の広さにもよりますので慎重に考えたいですね。

ベビーベッドをオーダーしたケースきは、長く使えるスタイルを選択するほうがよろしいでしょう。

子どもを中心にして「川の字」で寝る方式もありますが、子どもとの距離が近すぎると、親が寝返りを打った拍子に子どもにぶつかるリスクも知っておくことが大切です、。

子供中心の生活になる?

みなさんのなかには、お子さんやお孫さんの出現を心待ちにしている人もいるのではないでしょうか。

子どもの出現シーンをテレビ番組等で見掛けることも少なくありませんが、何度見ても感動しますよね。

やはり、新しい生命の出現は喜ばしいものです。

それと同じ時に、今までの生活スタイルが一変して、子ども中心の生活へと大きくチェンジすることも知っておいたほうがよろしいかも知れませんね。

まず、身内おのおのに対する呼び方が変化してきます

親になると今までお互いの愛称で呼び合っていたのが「パパ・ママ」へと変わりますよね

「お父さん・お母さん」や「とうちゃん・かあちゃん」等もありますが、いずれにしても、子どもを中心にした関係へとチェンジすることになります。

祖父母との関係も例外ではないでしょう。

30~40代で孫が出来る人もいるとおもいますが、いくら若くても「祖父母」には変わりないですよね。

中には「おじいさん・おばあさん」ではなく、自分たちの愛称で呼ばせる予定の人もいるかも知れませんが……。

しかしながら、どんな呼び方になったとしても、孫に接したケース目尻が下がる人も沢山のではないでしょうか

こんな風に、子どもが産まれたらまわりの人間関係も大きく変化してきます。

当然、「親」や「祖父母」としては一年生ですので、初めからうまく子育て出来ると言うのは限りませんよね。

祖父母は子育ての大先輩ですが、子どもの育て方は時代とともにチェンジしますので、子どもの成長に合わせてあらためて学んでいくことが大切になるかも知れません。