子どもが産まれたら、大人ばっかりの生活から子ども中心の生活へと大きくチェンジしてきます。

子どもの顔を見る為に、お勤めが終了すると急いで帰宅する人もいるのではないでしょうか、。

子どものキュートな仕草に触れると日頃の疲れも吹き飛びますよね。

それだけに、既に兄姉がいる人は上の子との関わり方も大切なポイントになります

自分の弟妹が産まれると、必然的に「お兄ちゃん」や「お姉ちゃん」になりますが、「お兄ちゃんだから~」といったプレッシャーを与えること言うのは禁物です。

下の子が産まれたら、今まで以上に上の子とのスキンシップを心掛けましょう。

子どもは、大人が考える以上にまわりの空気に敏感です。

「赤ちゃん返り」することも少なくありません。

たとえば、弟妹が年子で出現したケース、上の子は1歳そこそこのことが沢山ですよね。

その年齢では意志表示をしないとおもう人もいるかも知れませんが、けっしてそうではないことも知っておきましょう。

新たに産まれた子どもと兄姉との関係を良好にする為には妊娠中からきっちりした信頼関係を築き上げることがポイントになります

腹部のなかにいる赤ちゃんの出現を楽しみにするように、折に触れて話し掛けるとよろしいですね。

祖父母をはじめ、親戚や友人知人にも「上の子との関わり方」に対してお願いすることをおススメします。

自分の身近な人に子どもが産まれたら、御祝に訪れることもあるかも知れませんね、。

もし、兄姉がいるケースは、その子が寂しい想いをしないように気を配ることが大切です。

父親の子供への関わり方

結婚して子どもが産まれたら新しい身内が増えますよね。

子どもを中心とした生活スタイルになることが考えられます、。

ただし、子どもとの関わり方に対して、母親と父親とでは異なることを知っておいたほうがよろしいでしょう。

そうすることによって、子どもと接する機会が沢山お母さんの心理的負荷軽減に役立つのではないでしょうか。

女の人のケースは、出産前から子どもの存在を身近に感じ取れることが出来ますね。

妊娠がわかった時点から、母親としての自覚が生まれるからです。

一方、男性のケースは、そんな機会がないですよね。

むしろ、父親になった実感がわくのは、子どもが産まれてからと言う人が沢山のではないでしょうか

当然、男性を対象にした「プレパパ教室」や「育児教室」等も普及しており、子育ての手法を学ぶ機会もあります。

家事や育児に積極的な男性も増加していますが、それだとしても完璧を求めるのは無理があるかも知れませんね、。

当然、母親のケースも同じです。

初めから子育てが上手な人はいないですよね。

ただ、子どもが産まれたら、頻繁な授乳やオムツ交換等で夜も満足に眠れない女の人も少なくありません。

ほかの身内を起こさないように授乳する為に夫と寝室を別にする等、けっこう気を使用する人もいるやうです、。

こんな背景もあり、男性のみなさんは、女の人の母親としての苦労を心得することが大切ではないでしょうか

そうすることによって、夫として、父親として、身内に頼られる存在になるとおもわれます、。