子どもが産まれたら夫婦の寝室はいっしょにすべきかどうかをテーマにして夜中の授乳が関係したケースの記事を書きました

それによって、子どもが産まれたら母親のほうが大変な想いを行なうとおもわれるかも知れませんね。

当然、父親は育児をしなくてもよろしい、と言う訳ではないのです。

ただ、授乳を行なうのは母親ですよね。

「完母(かんぼ)」といって、母乳だけで子どもを育てるケースも少なくないため、おのずから母親の出番が増加してくるからですのです。

と言うのはいえ、父親にまったく出番がないわけではありません。

結論から言うと、夜中の授乳は父親にも出来るのです。

それによってには、母乳を絞って冷凍保全しておく必要があります。

具体的には、搾乳器を使用して絞った母乳を1回分ずつに小分けして冷凍保全しておきます。

それを必要に応じて解凍することによって、母親以外の人が授乳することも十分出来ます。

お勤めをしている女の人は当然、子どもを誰かに預けてお出掛けしたケースきだとしても、冷凍保全した母乳があると大変楽です

子どもを粉ミルクで育てるケースは、作成法を知っておくと授乳大丈夫ですよね。

それによってには粉ミルクの作成法を教えてもらうことが大切です

夜中の授乳を父親が担当する日を設けることで、慢性的な眠ること不足になっている母親を後援出来ることも知っておきましょう、。

子育てのようすをブログ公開している人もいますが、夫婦で助け合っているようすが手に取って分かるやうですね。

特に、年齢の近い子どもがいる夫婦にとって、イロイロな訳で後援してくれる父親の存在は、大変大きいものがあるのではないでしょうか。

子供とペットの関わり

ペットと触れ合う「アニマルセラピー」が高齢者施設等で話題されていますよね。

「ペット可の賃貸住宅」が増加していることからも、ペットに関心を寄せる人が沢山様子がうかがえます、。

やはり、イヌやネコ等の動物が身近にいる生活は、心が安らぐのではないでしょうか。

子育ての課程ではも、ペットがいる生活は大切だといわれています。

「子どもが産まれたら犬を飼いなさい」と言うイギリスのことわざがありますが、まさに子どもとペットの関わりを推奨するものだとおもわれます。

イヌの寿命は犬種によっても異なりますが、10~13年との説もあります。

つまりは、子どもが産まれた場合にイヌを飼い始めると、その子が小学校高学年か中学生になった頃には、いなくなる計算になります

子どもが小学校に上がってから飼い始めたとしても、その子が成人する頃にはイヌは天国に旅立っているかも知れません、。

ペットとしてネコも評判ですね、。

飼い猫のケース、寿命は12~18年とも言われますが、いずれにしても人間と比べると急いで旅立つことになります。

大変悲しいことですが、そういう現実を受け投入することも子育てには大切ではないでしょうか

ただし、ペットを飼うときは衛生面に十分注意することが必要です。

ちっちゃい子どもは何だとしても口にしたりします。

ハイハイで走行する時期もありますね。

どんなことが起きるか分かりませんので、不測の事態に備えて住環境要件づくりを行なうことが必要になります、。

既にペットがいるご家族も少なくありませんが、子どもが産まれたらペットが寂しい想いをしないように心掛けたいですね、。