出産予定日が近づくとベビー用品が増加していきますが、一つ増加する度に新しい生命を迎える実感がわいてくるのではないでしょうか

ベビー用品は、紙オムツ等の消耗品から比較的長く使用するものまで多岐にわたります。

ベビーベッドみたいにスペースを確保するものもあります、。

それによって、ほんとうに必要なものだけをオーダーするように心掛けましょう。

子どもが産まれたらベビーベッドを使用するかどうかは、各ご家族によっても異なります

大人用ベッドを追加して親子でいっしょに寝る方式や、布団をつなげて「川の字」で寝る方式もありますよね

もし、子どもをベビーベッドに寝かせるのなら、レンタルすることも考えましょう。

ベビーベッド以外の品もレンタルすることによって、子どもが成長した後の置き立地に困る心配もなくなります、。

当然、使わなくなったベビー用品は友人や知人に譲るほか、リサイクルストアーで買い取ってもらう方式もあります。

これを逆に考えると、自分の子どもが産まれたら、友人等からベビー用品を譲ってもらえるチャンスがあると言うことですね。

ベビーベッドは置いておくとカサが高いものですが、リメイクしたケース役立つこともあります、。

たとえば、前の柵を外すとベンチや机として使用することが出来ますね。

小学校に上がるまでの子どもなら2人用の机にもなります。

イスはベビーベッドの高さに合わせるとよろしいでしょう。

柵だけを使用して、キッチン収納や壁面収納ラック等もつくれます。

ベビーベッドをリメイクしたものが身近に存在すると、子どもが愛着を持つことも期待されます、。

衣服を上手に活用しよう

「よその子は大きくなるのが早い」等と言われますが、子どもの成長はほんとうに早いものです。

当然自分の子どものケースも例外ではありませんね

たとえば、ウエイトの増加は著しいものがあります

1歳になると出生時のウエイトの約3倍なってす

身長のほうも約1.5倍なって、ビックリする人もいるかも知れませんね。

衣服の大きさが合わなくなるのも早いですが、納得出来るのではないでしょうか。

衣服の種別は成長につれて変化していきます、。

シーズンに合わせる必要もありますが、翌年の同じシーズンには着られなくなることも少なくないでしょう

それによって、あまり着る機会がないまま大きさが合わなくなるものも出てくるかも知れません

こんなことから、子どもの衣服のオーダーはかなり頻度が高いことが考えられます。

経済的なしわ寄せも大きいのではないでしょうか。

それによって、子どもが産まれたら友人から衣服を譲ってもらうことも考えましょう。

上にきょうだいがいるケースは、その子が着ていた衣服を有効活用することも出来ますね。

ただし、靴を譲り合うこと言うのは避けることが賢明です。

靴は足に合ったものを選択する必要があるため、同じ大きさだとしても子どもによって足の形が異なります

もし、きょうだいの靴を有効活用するのであれば、新品や殆んど未利用のもの限定にしましょう。

友人から衣服が回ってくることも少なくありませんが、うれしくないケースもありますよね、。

それによって、自分が誰かに衣服を譲るときも、相手のことを考えてから動くように心掛けましょう。